一戸建てなら子供がのびのびと成長できる!

  1. ホーム
  2. 結露を防いで快適に暮らす

結露を防いで快適に暮らす

一軒家

外気の熱や冷気を防ぐ

家族の健康を支え安心して暮らせるはずの住まいに、健康を脅かす要因が潜んでいては大変です。宝塚で一戸建ての計画段階からカビやダニを防ぐ工夫が必要です。室内の暖かい空気が冷たい窓や壁に触れて温度が下がり、空気中の水分が水滴となるのが結露です。結露しやすい部分が黒ずんできたら、それはカビが発生した証拠です。カビは空気中に胞子や菌糸をまき散らし喘息などのアレルギー疾患を引き起こすこともあります。さらに結露は住まいの健康にも悪影響を与えます。特に壁の中などの目には見えない内部空間の結露は要注意です。断熱材の吸収性や充填の仕方が不十分だったり、壁と床、天井などの取り合い部、あるいはサッシやコンセント周りに隙間があって気密化が充分でないと、そこから冷たい空気が入り込んで結露を引き起こすのです。結露を防ぎ宝塚で健康に暮らせる一戸建てを作るには、家の断熱化と気密化が第一のポイントです。宝塚の外気の温度に左右されず、室内の熱を逃がさないことが大切です。特に熱の損失の大きい窓には注意が必要です。そこで宝塚で注目されているのが複層ガラスサッシです。2枚ガラスの間に乾燥した空気を密閉した構造は、高い断熱効果を発揮し外気の熱や冷気の侵入を防具特徴があります。尚、玄関ドアや開口部をはじめ、壁や天井、屋根、床下などに吸湿性の高い断熱材を隙間なく充填することも重要です。省エネ効果も高い高断熱高気密性住宅は、一戸建て全体が魔法瓶のように密閉された状態です。そこで、設計の段階から一戸建ての中に風の取り入れ口と出口を設けて、風の通り道を作ることが肝心です。なるべく開放的な間取りにして、引き戸で調節するとより効果的です。また、壁に欄間、建具にスリットなどを設けると風の滞りも防げます。