一戸建てなら子供がのびのびと成長できる!

玄関は住まいの顔です

一軒家

玄関は家の印象を決める大切な場所です。茅ヶ崎に建てる一戸建てのプランニングは、その家の個性が感じられる機能的な玄関のある家を目指しましょう。玄関ホールを吹き抜けにしたり、開口部を設けて光を取り入れれば、広感じられます。シャンデリアや化粧手すりのある階段を設ければ、全体がぐっと豪華な雰囲気になります。

Read More

家作りの素材を知る

模型

木材は節のないものが高級

一戸建て作りの材料として、まず思い浮かぶのはが木でしょう。無垢材とは言うまでもなく天然木材のことです。表面に化粧したり、集成したりしていないものを指します。木材は節のないものが高級品で、節のあるものと比較すると、かなり高額になります。抜けてしまうような節では困りますが、小節と呼ばれる程度のものは強度に問題はなく、吉祥寺の一戸建て構造材では、それを上手に利用することがポイントになります。構造用木材で、無垢に対するのが集成材です。こちらは板状の木材や小さな材料から大きな建材を造れるので、木材の有効利用になります。強度の点ではバラつきがなく、乾燥したものが使われるので寸法狂いが少ないというメリットがあり、吉祥寺では一戸建て構造材に積極的に利用されています。下地などに使われるボード類では、木材の小片を圧着したパーティクルボード、1度繊維まで戻したファイバーボード(繊維板)などのリサイクル木材が使われます。最近吉祥寺でもよく名前を聞くMDFもこの仲間で、中質繊維板のことです。表面が滑らかで収納用品などにも見かけるようになりました。一戸建てのキッチンや浴室などに使われる材料の中で高級品といえば、まず人造大理石が挙げられます。天然大理石を模して合成樹脂と無機微粒子から作られるものですが、キッチン用と浴室用ではグレードがかわるのが一般的です。吉祥寺でもキッチン面材では透明度の高いアクリル系樹脂を、浴室には安価なポリエステルフィルムを使うことが多くなっています。

一戸建ては魅力的

女性

大阪の新築一戸建てであれば、マンションと違って子どもが走り回っても近所に迷惑をかけることがないのでリラックスできるでしょう。また堂々とペットを飼うことも可能です。物件を決めるときは家族と話し合うようにして、そのイメージを業者に伝えましょう。

Read More

結露を防いで快適に暮らす

一軒家

宝塚で結露部分が黒ずんできたら、カビになります。カビは喘息などのアレルギー疾患を引き起こします。家の健康にも悪影響です。一戸建ての結露を防ぐには、家の断熱化と気密化がポイントです。外気の温度に左右されず、室内の熱を逃がさないことが大切です。さらに風の通り道を作り、開放的な間取りするとより効果的です。

Read More